牛肉のリブロースはどこの部位?値段やロースとの違いを解説

牛肉部位 部位の解説

焼肉屋やステーキ屋にいったら必ずといっても良いほどメニュー表にあるリブロース。

美味しい部位であることは知っているけれども、

  • 具体的にどこの部位なのか
  • どのくらいの値段がするのか
  • ロースと何が違うのか

ということは知らない人が多いですよね。

今回は牛肉のリブロースの部位について徹底解説していきます。

 

リブロースは背中の部位

リブロースは背中の部位です。

牛肉部位

背中は一般的に筋肉が少なくため、柔らかくなりやすいという特徴があります。

そのため、適度に脂身がありながら、赤身も程よく味わえる部位となっています。

とはいえ、リブロースとサーロインは実は区切り目がありません。

そのため、サーロインに近いリブロースだと脂身が多くて肉質が柔らかくなりますし、反対にかたロースに近い部位だと赤身が目立つようになります。

スーパーや肉屋で購入するときはリブロースだからといって購入するのではなく、見た目も重視して購入することをおすすめします。

 

リブロースはロースの中の一部

リブロースとロースの違いがわからない人も多いでしょう。

ロースはかたロース、リブロース、サーロインまでの部位です。

牛肉の中でも価値が高い部位をロースといい、その中の真ん中の部位をリブロースといいます。

 

実際の取引価格ではサーロイン>リブロース>かたロースとなっており、ロースの中ではサーロインの次に価値が高いとされています。

目安としては

  • 霜降りが多く、柔らかい牛肉がお好きな方はサーロイン
  • 適度な脂身と赤身を楽しみたい方はリブロース
  • 赤身肉を楽しみたいという方はかたロース

がおすすめです

 

リブロースはすき焼き、ステーキなどに利用されることが多い

リブロースはすき焼き、ステーキ、しゃぶしゃぶなどに利用されるケースが多いです。

またブロックで購入すると安めに購入することができます。

すき焼き、しゃぶしゃぶだと肉のうまみが野菜にもいきわたるため、肉だけではなく野菜も美味しく召し上がれます。

リブロースステーキも程よく脂身があるため、飲食店ではメインのステーキ料理としていることが多いです。

 

リブロースの値段はどのくらい?

リブロースの値段は牛肉の中でもやや高めとなっています。

具体的に100g単価はステーキの場合、下記が目安となっています。

  • A5ブランド牛肉・・4,000円~5,000円
  • ブランド牛肉・・2,000円~3,000円
  • 国産牛・・1,000円~2,000円
  • 外国産牛肉・・500円~800円

ブランドの有無や肉のランクによって値段は異なりますが、概ね上記の通りです。

次の章では具体的におすすめのリブロースを紹介していきます。

 

おすすめのリブロース一覧

おすすめのリブロースは飛騨牛のブロックです。

A4,A5に限定されており、霜降りが盛りだくさん。

口の中でとろけるような味わいはまさに絶品と言えるでしょう。

ブロックなので、価格帯もブランド牛としては割安となっており、100g4,000円前後となっています。

 

 

すき焼き用であれば仙台牛のリブロースがおすすめです。

すき焼き用に薄めにスライスされており、食べやすいのが特徴。

仙台牛はA5に限定されているので、一級品の牛肉が味わえます。

100g2,400円前後で飛騨牛よりも割安感があるため、おすすめの一品です。

 

 

冷凍であれば徳島産のリブロースステーキがおすすめです。

100g1,500円となっており、和牛の中では非常にリーズナブルといえるでしょう。

冷凍なので、長期保存も可能です。

質より量!という方におすすめしたい牛肉です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【国産冷凍和牛】【無添加・無薬】徳島県産黒毛和牛リブロース(ステーキ)200g
価格:3046円(税込、送料別) (2020/12/7時点)

楽天で購入

 

 

コメント