牛タンと上タンの違いについて解説!

部位の解説

焼肉店で特に人気のある部位の一つが「牛タン」です。
食感やしっかりとした味があるため、焼肉店にいったら必ず頼むという方も少なくありません。
焼肉好きの方々から絶大な支持を得ているこの部位ですが、牛タンと上タンがあります。
上タンの方が美味しいことは分かりますが、牛タンと上タンの違いをはっきりと理解している方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、牛タンと上タンの違いについて詳しく解説していきます。

牛タンとは

ま基本となる「牛タン」について説明します。
牛タンは文字通り牛の舌の部分を指し、一頭の牛からは約1.5~2kg程度しか取れないという貴重な部位です。
貴重な部位の割には、人気が高い部位で焼肉店の方からは舌が2枚あれば良いのに・・と冗談で言われるほどです。
牛タンの味わいは、牛肉独特の旨味と、噛むほどに味が増す特性から多くの肉愛好家に愛されています。また、舌自体が筋肉組織であるため、調理次第で柔らかさを感じられるのも特徴です。

牛タンはその部位の位置によって「タンモト」、「タンナカ」、「タンサキ」と呼ばれ、それぞれが異なる特性と味わいを持っています。

上タンとは

次に、「上タン」について解説します。上タンは牛タンのなかでも特に「タンモト」を指す言葉です。
タンモトは牛タンの舌の根元にあたる部分で、全体の中で最も柔らかく、また味わいも濃厚な部位とされています。

一般的な牛タンと比較してみると、上タンは一頭の牛から取れる量も少なく、その希少性が味わいの深さと相まって、高級感を持つ部位となっています。
焼肉やステーキ、煮込み料理など、さまざまな料理法で楽しむことができます。

牛タンと上タンの違い

牛タンと上タンの大きな違いは、「部位の位置」と「食感・味わい」にあります。
上タンは、舌の根元部分であるタンモトを指すため、一般的な牛タン(タンナカやタンサキなど)と比べて柔らかさと濃厚さが特徴です。

また、牛タン全体と比べて上タンが取れる量は少ないため、希少価値が高く、それが料理の価格にも反映されています。
上タンはより高級感を求める方や、特別な日のご馳走として選ばれることが多いです。

まとめ

以上が牛タンと上タンの違いです。
牛タンと上タンの違いについて理解いただけたでしょうか。
どちらも牛肉の美味しさを存分に楽しめる部位なので、自分の好みに合わせて選んでみてください。あなたの次の焼肉の時間が、より豊かなものになることを願っています。

コメント