国産牛と外国産牛、どちらを買うべきか?

牛肉コラム

牛肉を購入するときに「国産牛と外国産牛どちらにしようか。」と悩まれた経験がある方も多いですよね。
牛肉の産地は美味しさを左右するだけでなく、その選択は健康や安全性、経済的にも影響を与えます。
そこで今回は「国産牛と外国産牛、どちらを買うべきか?」について解説していきます。

 

安全性と品質を重視するなら国産牛

安全性と品質を重視するなら国産牛を購入することをおすすめします。
理由について解説していきます。

安全性

国産牛を選ぶ理由としてあるのが安全性です
理由は下記の通り。

  • 飼育環境や食料供給の管理体制が非常に厳しく、非常に優れた安全性を誇る
  • 外部からの病原体の侵入を防ぐための厳格な規制があり、国産牛は病気のリスクが低い
  • 安全性の疑問符が残るホルモン剤の使用は法律により禁止されている

特に安全性で異なるのはホルモン剤の使用の有無です。
ホルモン剤とは牛を早く成長させる薬で、アメリカやメキシコなど多くの国で使われています。
ホルモン剤は残留物があると人間に様々な影響があるといわれており、特に子供や妊娠中の女性に影響を及ぼす可能性があるとされています。
ホルモン剤は一定期間空けると人体に影響がないといわれています。
当然どの国も一定期間を開けて、人体に影響がないのを確認してから出荷しています。
しかしながら、EUではホルモン剤が投与された牛肉の輸入は禁止されており、日本では国産牛に対してのホルモン剤の投与自体を禁止してます。(日本は国産牛へのホルモン剤の投与は禁止されているものの、ホルモン剤を投与した牛肉の輸入は禁止されていません。)
そのため、安全性を気にする方は国産牛を選択することをおすすめします。

肉質

国産牛はその肉質の良さでも知られています
。特に、黒毛和牛はその柔らかさと、口に入れた瞬間に広がる豊かな旨味が特徴です。
その秘密は、筋肉内に均等に分布した脂肪、いわゆる「サシ」にあります。
このサシが、焼き上がり時のジューシーさと口の中でとろけるような食感を生み出します。
これらの特徴は、国産牛ならではのもので、サシを重視するなら国産牛がおすすめです。

外国産牛の魅力

外国産牛はその価格と赤身肉の部分で評価されます。
理由について解説していきます。

価格

オーストラリアやアメリカなどから輸入される牛肉は、国産牛と比較すると手頃な価格で購入することが可能です。
しかし、外国産牛は価格の手頃さと引き換えに、肉質の均一性や食品衛生面での安全性については多少の妥協が必要となります。さらに、倫理的な視点から考えると、外国産の肉牛の飼育環境や、輸送過程でのストレスなど、考えた方が良いかもしれません。

赤身肉

赤身肉を重視する方にとっては、外国産牛が提供するヘルシーな選択肢となります。
赤身肉は脂肪分が少なく、プロテインが豊富なため、健康やダイエットを気にする方々にとっては魅力的な選択肢と言えるでしょう。

 

どちらを選ぶべきか?

今回は「国産牛と外国産牛、どちらを買うべきか?」というテーマについて解説してきました。

もし安全性や柔らかさを重視するならば、その優れた食品衛生管理と高品質な肉質で、国産牛は間違いなくおすすめです。価格を重視し、また赤身肉を求めるならば外国産牛の方が良いかもしれません。

どちらを選ぶにせよ、あなたが牛肉選びで大切にすべきは、その肉がどこでどのように育てられたのか、そしてそれがあなた自身の価値観やニーズにどれだけ合致しているか、という点です。一口に牛肉といってもその種類は多岐にわたります。そこで大切なのは、自分自身が何を求め、何を優先するかを明確にすることです。これにより、あなたの牛肉選びはより豊かで、満足度の高いものになるでしょう。

コメント